無添加のキャットフードのメリット

無添加のキャットフードは、数は少ないものの売っています。無添加のキャットフードの目的は、猫が本来必要な栄養量を必要量とれるようにというコンセプトで作られました。余計なものは一切入っていません。人間でいうと肉、野菜、炭水化物をバランスよく取りましょうねということです。

例えば、猫は100%肉食で体を維持することができるため、野菜を必要としません。動物性たんぱく質が猫のエネルギー源なのです。無添加のキャットフードは、この動物性たんぱく質を取ることをメインに考えているため、野菜は必要な分しか含まれていません。

無添加のキャットフードは、猫が必要以上に食べないことを目的に作られているため、肥満にもなりにくく、脂質や糖質過多で糖尿病になる恐れも防いでくれます。

無添加のキャットフードに含まれる動物性たんぱく質の原材料は、チキンやサーモンのことです。猫は本来肉食動物であるため、魚ばかりを食べるイメージがありますが、チキンなどの動物性たんぱく質の方が、より好んで食べます。無添加のキャットフードは、これらの動物性たんぱく質を必要量取らせるという考え方ですので、猫が喜ぶ餌ともいえます。添加物は、多ければ多いほど、人間の食べるインスタントラーメンのようなイメージです。おいしくてお腹は満たされるが、猫の体に良くないのです。

LINK【ジャガー
たんぱく質が多く含まれている穀物不使用のキャットフードです。